動物愛護について

実験動物の福祉に配慮した動物実験のために

医薬品の研究及び開発等には動物実験が必要となる場合があります。KMバイオロジクスでは、動物実験を動物福祉の観点から適切に実施するため、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」(2006) に基づき、「動物実験規程」を制定しています。また動物実験委員会を設置し、全ての動物実験計画の妥当性を3Rs 等の観点から審査するとともに、動物実験実施後は動物実験が適切に実施されたことを確認しています。

さらに動物実験及び実験動物の飼養に携わる者には、動物実験規程に配慮した実験を徹底するための教育訓練を行うとともに、自己点検を行い、より適切な動物実験及び実験動物飼養への取組みを進めています。また、獣魂祭(動物慰霊祭)を定期的に行い、関係者全員が実験動物への感謝の念と動物に対する責任感を持ち続けるよう努めています。

なお、当社の動物実験に関する体制や取み組みについては、公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団による動物実験の外部評価・検証を受け、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本方針」への適合施設として認証されました。

  • ※3Rsとは実験動物の福祉の原則である以下の3つのRを指します。
    Refinement :苦痛を軽減する
    Reduction :使用する動物数を少なくする
    Replacement:代替法を利用する