ワクチンについて

ワクチンとは

人体に侵入した病原体(細菌やウイルスなど)によって症状を引き起こされる病気のことを「感染症」といいます。 ワクチンとは、これらの病原体の感染または発症を予防するために、免疫をつくらせる目的で使用する薬剤のことです。 代表的なワクチンの種類として「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」があります。 ワクチンの接種によって感染症の予防をすることを「予防接種」といいます。

生ワクチン

病原体は生きていますが病原体のウイルスや細菌が持つ病原性を弱めたものです。

予防接種すると

その病気に自然とかかった状態とほぼ同じか少し弱い「免疫力」がつきます。

代表的なワクチン

Measles-rubella(麻しん・風しん混合)・おたふくかぜ・水痘(みずぼうそう)・BCG(結核)・ロタウイルスなど

不活化ワクチン

病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使います。

予防接種すると

生ワクチンに比べると効果が弱いので数回接種し、必要に応じて追加の接種をします。

代表的なワクチン

diphtheria, pertussis, tetanus, inactivated polio(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ混合)・ 日本脳炎・インフルエンザ・インフルエンザ菌b型(ヒブ)・ A型肝炎・B型肝炎・小児用肺炎球菌・成人用肺炎球菌・ パピローマウイルス・狂犬病など

トキソイド

細菌が出す毒素(トキシン)を取り出し、毒性をなくしてワクチンとしたもの(不活化ワクチンと表記されることもあります)。

代表的なトキソイド

ジフテリア・破傷風など