狂犬病について考えてみよう

〜大切な愛犬・飼い主の皆様・会社のために〜

監修:岐阜大学名誉教授 源 宣之

「狂犬病」ご存知ですか?

「狂犬病」は、一旦発病してしまうと
人・動物共にほぼ100%死亡する大変恐ろしい病気です。

狂犬病ってどんな病気?

狂犬病には「潜伏期間が長い」「一旦発病すると明確な治療法がなく死亡率が100%」という特徴があります。このため、咬まれた後も、しばらくは何事もなかったかのように生活できても、“気付いた時には手遅れ”になってしまう大変恐ろしい病気です。

感染経路 病原体は感染動物の唾液中に含まれ、主に咬まれることで伝染
主な症状 異常行動・けいれん・麻痺 など
潜伏期間 長い(犬では平均1~2ヶ月間、人では1~3ヶ月間)
治療方法 明確な方法はなく、死亡率は犬・人共にほぼ100%

人の狂犬病を防ぐには、
“動物に咬まれないようにする”
“万が一咬まれたらすぐに狂犬病対策を始める”ことが重要です。

日本では発生しない?

昭和25年に狂犬病予防法が制定され、犬の登録とワクチン注射の徹底・放浪犬の捕獲によって、国内では昭和33年以降、人も動物も発生していません。
とはいえ、“今後も日本では発生しない”と言えるのでしょうか?

世界各地の狂犬病媒介動物

出典:「厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/新しいウィンドウが開きます)」

上の図は、狂犬病ウイルスを運ぶ動物を表した世界地図です。
人が狂犬病にかかる場合、直接の感染源となる動物の99%は犬ですが、犬以外の動物でも、咬まれると感染する恐れがあります。
(このため、海外では可愛いからといって見知らぬ動物にむやみに近づかないことが大切です。)

日本では数種類の動物に対し、動物検疫が行われています※が検疫対象外の動物や、貨物への動物の迷入、不正輸入による持ち込みの危険性が指摘されています。
人・動物の行き来が国際化した現在では、狂犬病の進入の恐れは増大しており、“今後も日本では発生しない”とは言いきれません。

※動物検疫:2017年5月現在、国内では犬・猫・きつね・あらいぐま・スカンクを検疫の対象とし、狂犬病の検査をしています

実際に、2006年にフィリピンで犬にかまれて帰国した2人の日本人が亡くなった例があるんだ。
海外では毎年アジア・アフリカを中心におよそ55,000人が狂犬病で亡くなっていて、狂犬病はまだまだ撲滅できていない病気なんだ。

日本のワクチン接種率72%?47%?

世界保健機関(WHO)は「狂犬病の流行を阻止するにはワクチン接種率は70%以上必要」としています。日本は、この70%を上回っているのでしょうか?

  • ※1:厚生労働省(「都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数等」平成27年度)より
  • ※2:ペットフード協会調査(平成27年度 全国犬猫飼育実態調査結果)より

このように、実際には登録頭数の倍ほどの犬が飼育されていると推定されており、 推定飼育頭数から見た接種率では、目標の70%を大きく下回っていると考えられ、安心できる状況とは言えません。

この70%は、あくまで“流行阻止の最低目標”なので、未接種のわんちゃんは感染してしまう恐れがあるんだ。感染の恐れを完全になくすには、そのわんちゃんにワクチンを注射してあげることが重要になるよ。

狂犬病ワクチンを注射しよう!

現在使われているワクチンは、狂犬病の予防に極めて有効です。ワクチンを注射することで、感染の恐れをなくし、近隣住民の方々の不安もなくすことができます。 わんちゃん、飼い主の皆様、そして社会のために、年に1回、忘れずに注射してあげて下さい。

犬の登録と狂犬病予防注射(狂犬病予防法より)

飼い犬の登録

新しく飼い主になる場合は、犬が来た日から30日以内に(生後90日以内の子犬の場合は、生後90日を経過してから30日以内に)最寄りの市区町村長に犬の登録を受けること。

飼い犬に対する狂犬病予防注射

生後91日以降の犬は年1回狂犬病予防注射を受けること。

ワクチンを注射した後は・・・

2~3日間は、激しい運動、交配、入浴(シャンプー)などは避けて、なるべく安静にさせて下さい。

過敏な体質のわんちゃんでは、まれに元気や食欲がなくなる、下痢や嘔吐を起こす、顔がむくむ等の症状がみられることがあります。少しでも様子がおかしい場合には、すぐに動物病院に連絡して下さい。