するパートナーのために、あなたにできること。
それは、A型肝炎ワクチンを接種すること。
男性同性間性的接触者は、性行為によってA型肝炎ウイルスに感染したり、パートナーを感染させてしまう可能性が高くなります。
惜しみなく愛情を注ぐためにも、まずはお医者さんにご相談ください。
感染の原因は性行為?
A型肝炎は汚染された食物を食べたり、ウイルスがついた手で口をさわることで感染します。そして、このウイルスは便に出るため、肛門周囲をなめたり、肛門をさわった手や指をなめるなど、感染者との性行為によりリスクが高まります。
急性肝炎になる病気
A型肝炎はA型肝炎ウイルスが主に肝臓で増殖し、急性のウイルス性肝炎を起こす病気です。潜伏期間は約2~7週間ですが、症状が出ている間だけでなく、症状が出る前も後もウイルスが便に出るため、自覚がないままパートナーを感染させてしまう可能性があります。
症状は、発熱、嘔吐、黄疸など…
感染すると急な発熱や全身倦怠感が現れ、その後、食欲不振や嘔吐、さらに数日後には肝機能低下による黄疸* などの症状が現れます。重症化すると劇症肝炎 ( 急性肝不全 ) や腎不全になることもあります。 *黄疸などの症状が現れなくてもA型肝炎に感染している場合があります。
回復に数カ月かかることも
A型肝炎には特別な治療方法がないため、症状に応じた対処療法が行われます。食欲不振や嘔吐、下痢などの症状がある時には点滴を行い、黄疸や血液検査の数値が高い場合には、病院で安静にして肝臓の回復を促します。回復するまでの期間は数週間から数カ月と、症状によって異なります。
感染予防に、A型肝炎ワクチン接種を!
感染予防には、トイレの後や調理・食事前の十分な手洗いと、性行為の前にしっかりシャワーを浴びることが大切です。そして、A型肝炎ウイルスは感染力が強いため、ワクチン接種をおすすめします。まずはお医者さんにご相談ください。

Copyright © KM Biologics All Rights Reserved.