トップメッセージ

確かな技術と大きな責任のもと、
ガバナンス体制と
品質・生産管理体制を強化し、
信頼される企業を目指します。
KMバイオロジクス株式会社
代表取締役社長
永里 敏秋

KMバイオロジクス株式会社は、一般財団法人化学及血清療法研究所の主要事業を承継し、明治グループの一員として新たな一歩を踏み出しました。私たちは、食と健康の分野で100年以上貢献してきた明治グループのもと、強固なガバナンス体制および事業運営における法規遵守等の体制の強化、並びに厳格な品質・生産管理体制の徹底を図ることで、お客さまから信頼される会社を目指し、社員一同、誠心誠意努める覚悟でございます。

今後の事業展開につきましては、人体用ワクチン、動物用ワクチン、さらに血漿分画製剤の研究・開発・製造技術を基盤としつつ、これまで以上にバイオテクノロジーの可能性を追求してまいります。さらに、一般財団法人化学及血清療法研究所から承継した高い技術力と、Meiji Seikaファルマの感染症治療薬のトップメーカーとしての知見と厳格な生産管理体制を融合することで生まれるシナジー効果により、一歩先を行く独自の価値を創造していくことこそが、KMバイオロジクス株式会社の使命であると考えております。

近年、世界的に感染予防の重要性が高まりつつある中、ワクチンと血漿分画製剤の安定供給に貢献し、公衆衛生およびお客さまの健康に寄与できるものと確信しております。KMバイオロジクス株式会社は、無限の可能性を秘めたバイオテクノロジーを駆使し、お客さまの気持ちに寄り添い、健康を支えることで、世界中の人々が安心して暮らせる社会の実現を目指してまいります。