事業所一覧

本社/熊本事業所

1972年、「清水研究所」が京町研究所に代わって本社となり、機能を整備。
約147,000㎡の敷地内にY字型の本館、血漿分画製剤製造棟、ワクチン製造棟、管理棟、厚生会館などがあり、2011年に製剤棟(ER棟)、製造棟(M1棟)、管理棟が完成。研究・開発・生産・営業・品質保証・企画管理の各部門が機能しています。

敷地内俯瞰
管理棟
管理棟
製造棟
製造棟
製剤棟(ER棟)
製剤棟(ER棟)

〒860-8568
熊本市北区大窪一丁目6番1号 
TEL.096-344-1211 FAX.096-345-1345 

菊池研究所

1985年、熊本テクノポリス計画「バイオの森」に設置された研究開発施設。バイオテクノロジーの一拠点としてさまざまな先端技術を生み出しています。研究関連施設のほか、遺伝子組替や細胞培養技術を用いたワクチン製造設備も有します。

〒869-1298
熊本県菊池市旭志川辺1314番地1
TEL.0968-37-3100 FAX.0968-37-3616

JRをご利用の場合
JR豊肥本線(肥後大津駅下車)
タクシーで約10分(約7km)
お車をご利用の場合 熊本I.Cより約30分(17km)
熊本空港をご利用の場合 タクシーで約20分(約12km)

※菊池研究所へお越しの方は大津方面のホテルが至近エリアです。

合志事業所

2017年、ワクチンの製剤化・供給の拠点として竣工。新型インフルエンザ発生時には、国民の約半数に当たる5,700万人分の新型インフルエンザワクチンの生産・供給を担う事業所となります。

〒861-1113
熊本県合志市栄3766番1号
TEL.096-245-7400 FAX.096-245-7445

JRをご利用の場合
JR豊肥本線(光の森駅)
タクシーで約13分(約6km)
お車をご利用の場合 熊本I.Cより約18分(約7.5km)
熊本空港をご利用の場合 タクシーで約25分(約15km)

阿蘇事業所

阿蘇山をバックに広がる約118,000㎡の敷地内に管理棟および厩舎、SPFの鶏舎、豚舎などを備え、SPF動物の生産や蛇毒などの抗毒素血清の製造などを行っています。2003年には抗毒素関連施設が加わりました。

〒869-2231
熊本県阿蘇市永草2091番地
TEL.0967-35-0830  FAX.0967-35-1314

配送センター

〒869-1236
熊本県菊池郡大津町杉水705番地1
TEL.096-293-1621  FAX.096-293-1609

東京営業所

〒108-0071
東京都港区白金台四丁目5番10号
TEL.03-3443-0177 FAX.03-3449-7605

福利厚生施設

優れた製剤の開発は、健康な身体と豊かな心を有した人材の力が大きいと考え、KMバイオロジクスでは福利厚生面にも力を注いでいます。本社と菊池研究所のそれぞれに、労使協定の特別福祉基金制度に基づく厚生会館を設置し、職員の心身の充実を図っています。